過敏性腸症候群について

安倍総理大臣が発症したことで知ることになった腸の疾患
過敏性腸症候群をご存じでしょうか
病名だけでは分かりにくようです
神経性胃炎と言えば周智の疾患でしょう
神経性胃炎と胃腸神経症
同時に二つの疾病を患ったと考えると、全体的に理解できてくるでしょう
過敏性腸症候群についての症状をお話しします
症状としては、体外への症状が出ません
例えば、癌やポリープなど、腫瘍等が体外から確認できる
これらは非常に診断しやすいものです
ところが、過敏性腸症候群については、何かシグナルとなるものが現れません
気づきにくい病気なのです
過敏性腸症候群を患うと、便秘と下痢を交互に発症する
病変は無いが、症状がはっきりわかる病気です
一つ問題としては、痛覚があるかどうか
痛みが無ければ、問題ありません
しかし痛みがある場合は、早期の治療をした方が良いケースが多い
現在、日本で患っている方は僅かかも知れませんが、海外を見るとかなりの人数になります
難治性の病気として知られています
ところが、最近では医学の進歩とともに、特効性のある新薬が販売されています
下剤や便秘薬で治療が可能なのかと言えば、ほぼ不可能だと思われます
最近では便秘は、腸内にある宿便を排除することでダイエットになると言われています 便秘解消でダイエットより もし、便秘を治したいのであれば、ダイエット目的で行うなんて言語道断と言えるでしょう 慢性疾患については、医学の進歩とともに、何か特殊な作用を持つ薬が生きるのか?と言えば答えはNOです